« 何でも語ろう Vol.2 | トップページ | リレー小説のスケジューリングについて »

2008年7月13日 (日)

おぅぴよって はたけ!56

 そんなことはなかった、かりうむです。

 えー、まー、なんというかごめんなさい私はのび太くん以下です、ええもちろん劇場版のほうですけれどもだがしかし、彼はあの時もしもボックスを使わなかったんですよけけれどそれは彼の身から出たさびというか自業自得の結末を秘密道具に頼らないというか自分で落し前つけようという心意気でありまして、私の行為と比べるのもかなり野暮というかナンセンスというかまあぶっちゃけ比べても意味ねーだろと思いつつも、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい私はL5ですねたぶん、ああもう行かなきゃならないのではないですか、だれですか僕の邪魔するのはだれですかわかりません知りませんごめんなさい。

 と分裂して逃げたくなったぜおめでとうかりうむです。

「relay-56.txt」をダウンロード

 800字ジャストもーめんとぷりーず。

 私をここまで苔にしたおバカさんは初めてですよと言いつつも、やってることは孫悟空。

 あとは任せた。もう、踏み外しちゃあいけないよ。適度な矛盾はいい具合だが度が過ぎれば大変なことになる。それをわかってくれれば、僕はもう思い残すことはない…めきぺの歴史にまた、一ページ。

 ちなみに、現時点での矛盾をうまくすべて円滑においしく解決しようとすれば、私としては80000字ほしいところです。そうだね、文庫本一冊だね。

提供/かりうむ

 続きには、想定していた(話を振った時に書いていた)三島院の顔裂き魔と道化師編についての設定やらなんやらを載せておく。

 

 

 ワーニング!設定ですから、かなりあらいです、と言い訳。

「misimainn.txt」をダウンロード

 うん、無残。

 

 そして次。

 これは伝奇風にしたらどうなるじゃろ、ということで書いたやつですね。

「youseikitan.txt」をダウンロード

「youseikitan2.txt」をダウンロード

 なんつーか、アレだな。

もう終われ。

提供/かりうむ

|

« 何でも語ろう Vol.2 | トップページ | リレー小説のスケジューリングについて »

作文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64707/22271151

この記事へのトラックバック一覧です: おぅぴよって はたけ!56:

« 何でも語ろう Vol.2 | トップページ | リレー小説のスケジューリングについて »