« ちょっとみぬまに | トップページ | 妄想ボイスCD »

2008年3月 7日 (金)

友人Kに提出する報告書 Vol.2

一週間は、決心を揺らがせるには十分すぎて、再決心するには不十分すぎた。

まずは、合格した皆様、合格おめでとう御座います。歓喜に酔ってますかーw

そのような空気に、もしかしたら水を差すような記事でしたら、消しちゃってください。

ひとしきり落胆して、気が楽になりましたので、早めにご報告を。・・・と思った次第です。

昨日メッセにいたφは知っていますが、絵画教室の先生が、詳しいことは言えませんが、体調を崩して(いるのだと思う)、当分、絵画教室を開けないようになりました。

私と先生とは長いつきあいになるので、『作品や道具を返す手伝いをしてほしい』と電話で頼まれました。実際電話では、かなり弱ってる感があり、途中で泣き崩れられてました。

そして今日。先生の次男さんの手伝いへ。Oは本日入試の結果発表ということで、誘うに誘えず、一人で行きました。

一週間前の決心はとうに決壊しており、ぶっちゃけもにゅもにゅな私。気楽にかまえておりました。

まぁ、『絵画教室なかったら、姉さんに会えないなー』とは、思ってましたけど。

さて、単純に作品やら、道具やらを返すために袋詰めしていた私の前に、急にO登場。かーなーり驚く私。

しかし、ここは幼なじみ。会話なんて、普通にできます。『よっ』、なんて感じに気楽に。

次男さんなんか、かーなーり無視してw仲良く談笑。久しぶりなこの空気。懐かしや。

二人で(次男さんには、どっしりかまえてもらう役w)作業するのも久しぶりで、内心嬉しくて嬉しくてしょうがない。

顔がゆるんでなかったかどうかは、自信が無いwww

まぁ、前述の通り、決心なんて決壊しておりましたので、今まで通りの私とO。

このあたたかさは、壊したくないし、失いたくないです・・・。

5時半過ぎ。更にイレギュラーが起こりました。

・・・姉さまが来たんです。えぇ、愛しの姉さまが。

一週間は、決心を揺らがせるには十分すぎて、再決心するには不十分すぎました。

挨拶した痕、会話ができない・・・どうする私。

姉「受験どうやった?」

L「え・・・えと・・・合格しました」

姉「やったー、すごいやーん」

亞、ヤヴァイ。めっちゃ嬉しいw

こんな感じで、ここから会話がスルスルと・・・始まったのは良かったのですが。

どうしても、絵画教室無しでは会う機会のない私。もうアエナイと思うばかりで会話が適当になりがち。

結局、『少し不安なんやー』、と言う姉さまに余り気の利いたことも言えず・・・

そればかりか、おそらく泣き出しそうな顔をしてしまったのか、逆に励まされる始末。ダメです・・・私は・・・。

そして、いよいよ最後の時。(結構頑張って引き留めました。引き留めただけですけど)

L「一年間、お世話になりました。有難う御座いました。えと・・・」

姉「大丈夫大丈夫、心配せんでも、赤穂やったらまたすぐ会えるって。」

L「・・・はい」

・・・・・・あぁ、最後までお優しい。有難う、姉さま。

そして帰ってきてから約2時間半ほど、凹み、泣きそうになり、あたたかみを思い出し、今に至るというわけです。

今度会えたら、運命と思おう。

そんな私の報告書でした。

長文すみません。お疲れ様でした。Vol.3があるかどうかは不明です。

|

« ちょっとみぬまに | トップページ | 妄想ボイスCD »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 痛みに耐えて、よく頑張った!
 感動した!!!

投稿: かりうむ | 2008年3月 8日 (土) 20時35分

こういうとこで逝けないから、俺たちには彼女がいないんだろうな・・・

投稿: JUN | 2008年3月 8日 (土) 22時29分

がんばった・・・・・!お憑かれさま。

投稿: 瑞穂 | 2008年3月 8日 (土) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64707/12021529

この記事へのトラックバック一覧です: 友人Kに提出する報告書 Vol.2:

« ちょっとみぬまに | トップページ | 妄想ボイスCD »