« みんなは自 | トップページ | 昨日。 »

2007年9月29日 (土)

かりうむブックレビュー『少なくとも電車賃分は読んだ』

 

演説で 麻生節にやられて 麻生ファン♪

北村さんの 応援をきいて もっと愛しくなった♪

総裁になれなかったけど 愛してる♪

きみを知ったその日から♪

ぼくの胸にはワクワクが絶えない♪

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡
  (  ⊂彡
   |   |
   し ⌒J

以下、本日、ジュンク堂で読んだ本リスト。

 

『とてつもない日本』

麻生太郎

『文章力の [鍛え方] 』

樋口裕一

『消失文化財』

『日本の建築』

『世界の不思議な風景』

小計 2万円

内訳

『とてつもない』600円

『文書力』1400円

『日本の建築』900円

『世界』2300円

 

『消失文化財』14700円

 

閣下と、樋口さんの本についてのレビュー。

 

 

 

『とてつもない日本』著:麻生太郎

 

例によって一行要約。 

 

 「政治家ってのは、希望の持てる未来を、国民にみせる職業なのさ」

 

否定ばっかしてても、なんも意味ないんだよ・・・

ちゃんと日本の現状をみようぜ・・・!

大丈夫だ!!!

この本の根底は、これでしょう。

最近のテレビでの識者の、ネガティブ見解に見事に反論している。

 

まじ、閣下カッコよすぎ。

 

 

『文章力の [鍛え方] 』著:樋口裕一

 

 解りやすいことを第一にしていた。

この本で、一番作者が言いたかったことはこれかと。

3WHAT 3W 1H

定義、現状、結果

    ↓

理由・根拠、歴史的背景、地理的背景

    ↓

  対応策

 

こう考えて、意見に重みと多様性を増しなさい、ということ。

さらにもう一つ、

 

『~だろうか・・・、たしかに・・・、しかし・・・、なぜなら』

これで一連の論理の流れを組み立てておこう。

ということも。

 

 本日の読書は、なかなかによかった。

 さて、いつもの言っとくか・・・

 

今日は、ご本に囲まれてしあわせ

 

提供:かりうむ

|

« みんなは自 | トップページ | 昨日。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64707/12020810

この記事へのトラックバック一覧です: かりうむブックレビュー『少なくとも電車賃分は読んだ』:

« みんなは自 | トップページ | 昨日。 »