« 暇人だけ見るといい02 | トップページ | かりうむブックレビュー『「世間」とは何か』 »

2007年9月17日 (月)

かりうむ学習にっき『風雲!難関大学模試編!』

 

 と、まあ、久しぶりに書いてみましょう、学習にっき。

 

 模試の考察と結果と反省と追加課題と、その他諸々。

 

 

 

 

結果(自己採点@辛め!)

 

国語 125(62%)

数学  35(35%)

英語  83(41%)

地理  61(61%)

 

 結論

 取りこぼしが多すぎて泣いた。

 もっとさあ、ミスを無くそう・・・そうすれば、

 国語 あと30点 

 数学 あと15点

 英語 あと20点

 地理 あと10点

 毟り取れた。

 集中力の波を把握しとかないと、本番は死ぬな・・・

 各科目考察

国語

 最後なので、集中力の欠如が否めない。

 しかし、自分の必殺技なので、確実に高得点を取らないといけなかった。

 問題構成は

 1、評論(易)

 2、評論(難)

 3、古文

 4、漢文

 3、4はかねがね良かった。古典はあと少し記述力、というか、どこまで書いていいのかの境界を把握する必要がある。微妙に言いすぎ、言い足りないで10点損した。

3、32点、4、29点。

 問題は評論文。ものすごく悪かった。1の簡単な方が。

 これは、もう、自分の最大の欠点と言っていい・・・1、2を比較して、

 「あ!1って簡単じゃん!」と、思い込んでしまった・・・いや、実際簡単だったけれども。

 無意識に舐めまくって、微妙に問題文読み違えて、取り返しのつかないミスをしてしまった。これだけで、マイナス30点。採点しているときに、顔が青くなったのは久しぶり。

 逆に、「・・・難しい!」と感じた2は、記述のちょっとした言い回し以外、完解。

 単純に、論理力だけで問題解いていった。無我の境地というのか、機械的というのか・・・これからは、こんなことは無いだろう。今回はこれでなんとか助かった。

1、19点、2、45点

数学

 得意だと思っていた確立をミスった。

 思考力と試行力が足りなかった。まったくダメダメ、勉強し直そう。

 唯一良かった点は、問題を見た瞬間に、解法が思いつくようになったこと。

 あとは、それの正確さを増せばいいと思っている・・・なんにしても、反復!!!

 

英語

 長文は六割方合わせられた。

 英作文も少なくとも半分はあった。

 問題は、構文と文法・・・もうね、ボロボロですよ。コイツのおかげで、半分いかなかった・・・

 復習するしかないんだけれども。どうも気が乗らない・・・ネクステ続けよう・・・

 

地理

 勉強してない。つーか、しろ。してください。な!しようよ!?

 二年の夏休みに地理B教室読んで、春休みに薄いワークをやったきり・・・

 論述のトレーニングはしたけれども、難関大学の論述は簡単すぎる。やった意味無い。

 落としたのは語句。ね?暗記しようね?頼むから。

 イスタンブールと、ドバイ落とすって・・・アホでしょ。もうみてらんない。

 

 

まとめ

 なんつーか、真面目にやってた頃のじぶんに今回も助けられた。

 努力している科目が振るわない。

 やっていない科目だけが既に基準まで到達している。

 なんで、じぶんの中に、天才と凡人を見なければならないのか・・・不愉快だ。

 凡人め・・・秀才になれるよう頑張れよ。

 凡人がいつか、天才を打ち負かすことを祈って。

 

 

 今回の名言

 

他人を負かすってのはそんなに難しい事じゃあないんだ…
もっとも『難しい事』は!
いいかい!もっとも『難しい事』は!
『自分を乗り越える事』さ!

 

 ・・・乗り越えられるのか、オレは。

|

« 暇人だけ見るといい02 | トップページ | かりうむブックレビュー『「世間」とは何か』 »

Mekipedia01」カテゴリの記事

コメント

 自分を乗り越えるのは難しいって言うけどさ、それって具体的にどうすることなんだろうね?
 どこでも同じような言葉として聞くけどさ、試験はそうかもしれないが、入試って言うのは他人との勝負だろ?
 マラソンで例えるなら、コースが仕切ってあって、周りが見えない、だから自分で精一杯やるしかないってやつ。
 でもそれは厳然と順位がついてるんだよ、見えないだけでさ。
 自分に勝て、ってかっこよくいうけど、最終的に他人に勝てなければ意味がない、目的が違ってるんじゃないか?
 『他人に勝つために』、自分の精一杯を出し切る=自分に勝とうとする。 なのに、他人との比較をおろそかにしたら意味がないぜ。
 模試っていうのは、ちらっと他のコースを見ることなんだから、そこで自分の順位を把握して、予選通過のために必要なタイムを推測しないと。
 一番になる必要はない、すべてをするのは無理だからな。
 だからこそ、予選通過のタイムを見積もり、そこまでのペースを配分することが大切。
 一番で通過しようとぎりぎりで通過しようと、結局変わらない。
 入試には決勝なんてものはないんだから。
 今出来ることをすべてやろうなんてのは当然だけど、その前にまず効率を考えたほうがいい。
 何も考えずにがむしゃらにやるやつは俺からすれば、ただのバカかナルシスト。
 俺は死に物狂いでやってます、って自分で満足する俺の一番なりたくないタイプ(他人でそういうやつが嫌いってわけでもないが)
 必要なのは結果のみ。
 このマラソンには目的地があるだけでコースがないんだから、歩きよりは自転車、自転車よりは車、車よりは新幹線を使うほうがいいに決まってる。
 まずは、調べるべき、これがすべての原点。
 最も効率のいい方法を。
 君が勉強自体が好きでその過程を楽しむって言うなら別だけど。
 よく、人には会う勉強ほうとあわない勉強法があるって聞くけど、俺の考えではそれはないと思う。
 そもそも、人の脳に違いなんてほとんどない、あるのは単なるそれまでの知識の差のみ。
 つまり、微分を知らない小学生に積分の勉強の仕方教えて、『その勉強法ははその小学生には合わない』なんて言うわけがない。
 単に知識が足りないだけ。 高校生になったらわかるようになる。
 これは『合うようになった』と言えるか、断じて No もともとその勉強法は優れていた、しかし受け入れる知識が不足していただけ。
 ここで大事なことは、すべての教科に通じて、普遍的に大事な部分はあると言うこと。
 たとえば『寝る前に英単語』とかはよく言われている、しかし寝る前に古文単語、地理用語、または数学や物理の公式はダメなのか?
 そんなわけはない、自由に応用できる。
 つまりその『寝る前には英単語』という言葉は、『睡眠中に記憶が定着する』という科学的根拠を内包している。
 このことから言いたいのは、効率のよい勉強法を一つ知れば、それは効率のよい方法をいくつも知るのと同じだと言うことだ。
 『自分に合わない』というのは単なる知識の不足であり、その勉強法の本質を掴めば、いくらでも応用できる。
 勉強とは 質×時間 であらわされるが、その『質』の中には集中力、それまでに蓄積した知識、そして、勉強法がある。
 模試で悪い点を取ってしまったら、急いで何かに取り組みたくなるけれど、その前に考えよう。
 それを直すためにはどうすれば一番近道かを。
 もちろん自分で考えるのは最悪、とまではいかなくてもいい方法ではない、自分で3つの方法を考えるよりも、10この方法を調べてそれを吟味するほうがはやく、またいい方法が見つかる。
 それも当然、今まで残っている方法は当然いいから残っているのである。自分がこれまでのすべての人類と比べて最もすばらしい方法を考え付く自信があるのならその限りではないが。

 なげー。
 自分でそう思った、これ書くのに打つのが遅い俺は1時間近くかかりました、俺もそんなに暇じゃないんだが、書き始めると止まらなかった。
 これ全部読んだやつすごいわ
 絶対ほとんどは途中でやめるな。
 だって言いたいことって一つしかなくて、それを言葉変えて繰り返しただけだし。
 読んでくれた人、どうもありがとう。
 大切な時間をこんな文章にとらせてすみませんでした

投稿: tatsu | 2007年9月17日 (月) 15時10分

 小学校のとき、最初に勉強しだした頃は、
『知らない事がどんどん分かっていくから楽しい』
だけだったんだがなあ・・・

 やっぱり、他人を見据えないとダメか?
 他人と勝負するのがイヤ過ぎる。

 必死で努力しているヤツを見ると、
 ただ楽しいから勉強しているだけのヤツが勝ってしまってよいのだろうか?
 と思う。
 いや、独善だと分かっている。
 分かっているんだけど、どうもな・・・

 なあ、タツよ。
 
 一年間サボってたオレが、六年間私立で勉強漬けの奴らを差し置いて合格するのは、おこがましいのではないか?

 いや、その確率は低いが。
 しかしだ。
 もしそうなったら、オレはどうすればいいんだ?
 オレのせいで、最強に努力してきた一人の人生が壊れるかもしれないんだぞ・・・
 
 偽善なのは分かっているが・・・耐えられんかもしれない。

投稿: かりうむ | 2007年9月17日 (月) 18時55分

 もしそうなら、そいつらがダメだっただけだ。
 そもそも私立に入ったからと言って勉強してるとは限らん。
 努力の仕方が悪いか、もしくはしてないか、どちらにしろ、正当な評価を得るのは勝ったほうだ。
 実力がすべて、おこがましいというのなら、俺は勉強したのにダメだった、とかいってる自己満足してやつのほうがおこがましく俺は思う。

投稿: tatsu | 2007年9月17日 (月) 19時09分

 そうか・・・
 
 この半年は、ただ効率良くやるさ・・・
 
 ちなみに、暗記は15分以上同じ科目を続けても効果は薄い。15分ごとのローテーションでまわすのがいいらしいな(@ドラゴン桜)

投稿: かりうむ | 2007年9月17日 (月) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64707/7974918

この記事へのトラックバック一覧です: かりうむ学習にっき『風雲!難関大学模試編!』:

« 暇人だけ見るといい02 | トップページ | かりうむブックレビュー『「世間」とは何か』 »