« DVD-R | トップページ | あぁ… »

2007年9月23日 (日)

かりうむブックレビュー「面白いラノベ、ありました(ちょい黒編)」

 

 付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います (電撃文庫) (文庫)
 付喪堂骨董店 2―“不思議”取り扱います (2) (電撃文庫)
 
御堂 彰彦 (著)

 

付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います (電撃文庫)
 
 
付喪堂骨董店 2―“不思議”取り扱います (2) (電撃文庫 お 9-5)

 
 読書の秋ですね、みなさん。
 面白いラノベ、ありました。
 
 骨董品、不思議・・・題名からして怪しげな匂いがプンプンするぜー!
 そんなエサに釣られたのが数日前、手元に届いた二冊を本日ぺロリと戴いちゃいまた。
 
 最初に挙げておくと、非常に読みやすい。
 地の文が平易で、体言止めやら難解な修辞やらは殆どでてきません。
 ちょっとした、味付けがついていますが、嫌味にならない程度に抑えてあるのもよし。
 物語の展開も上手いです。
 
 そして、釣られる原因となった『アンティーク』とよばれる香ばしいモノたち。
 鏡、イヤリング、仮面、像・・・
 もちろん、その前に、呪いのとか、いわくつきのという形容詞がつきますが、気にしない。
 コレの持ち主に選ばれると、色んな特殊能力が発動できます。
 この物語の、設定上の要でしょうか。でも、あくまで設定上のです。
 本当の主役は、当然・・・これにめぐり合った人々です。

 強大な力を手に入れたとき、人はどうなるのか。
 それは、手にした人たち次第でしょう・・・
 
 この記事の本題にちょい黒編、と書いてあるのは使用です、気にしない。

 さて、かりうむが心惹かれたところをつらつらと。
 この本は四章構成なんですが・・・
 最初の三章が主人公視点。
 そして、残りの一章は。
 
 表紙の(どう考えてもツンデレ)少女視点なんですよね。
 
 はい、もう、参りましたね・・・皆まで言わせないでください。

 文脈で、察してください。お願いします。

 かりうむの一押し。
 どうかご一読を。
 
追記
 このシーンは見たい!と思ったところに絶妙なイラストが毎回はさまれます。

 感動です。

|

« DVD-R | トップページ | あぁ… »

Mekipedia01」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64707/8077313

この記事へのトラックバック一覧です: かりうむブックレビュー「面白いラノベ、ありました(ちょい黒編)」:

« DVD-R | トップページ | あぁ… »