« 今日の花。 | トップページ | バナー »

2007年9月24日 (月)

暇人だけ見るといい05

 物理の基本

 この三つで力学は解ける

 ①エネルギー保存則(位置エネルギー、運動エネルギー、弾性エネルギー、仕事)

 ②運動量保存則(跳ね返り係数含む)

 ③角運動量保存則

 考え方はこの三つだけ、これを当てはめて解けない問題はないと言っていい。

 一般に物理が苦手な人は二種類に分かれる。

 ①方程式が立てられない

 ②考え方がわからない

の二つ。

 まあその前に、公式覚えてないってのは論外です。

 公式覚えた上で、使い方がわからないって人。

 ①の人

 基礎問題で方程式を立てる練習してください。

 すぐに慣れてきますから。例え失敗しても、立てようとする癖をつけることが大事。

 ②の人

 どんな問題でも働く力を図を描いてそこに書き込んでください。

 小問一問につき図を一個描くくらいで

 最初にあげた三つを使えば絶対解ける。

 まあ主に二つで十分、③を使うのはほとんどない、せいぜい万有引力の分野のみ。

 他の慣性力、とか仕事とかは全部これで十分。

 そのあとに必要なのは小技ばかり

 たとえば運動量の問題は重心を元に考えるとやりやすいとか

 単振動の式に直すと、周期が求めやすいとか

 そういうのは問題解いていくうちに身につくことが多い。

 まずは図を描く、力を書き込む、方程式立てる

 9割はこれで解ける。

 自分が方程式を立てようとしないのか、それとも出来ないのかを見極め、それにあった演習をすることが大切だと思います。

 当然公式は覚えた上でですが。

 図をかけない、もしくは図を書いても力が書き込めないというのなら、基礎へ

 図を描いて力も書き込めるのなら、基礎問題は時間の無駄なので、入試問題に取り組んでいいと思います。

|

« 今日の花。 | トップページ | バナー »

Mekipedia01」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64707/8085743

この記事へのトラックバック一覧です: 暇人だけ見るといい05:

« 今日の花。 | トップページ | バナー »