« 今日の花。 | トップページ | つれづれ »

2007年8月13日 (月)

文学による時代分析の有効性について

文学による時代分析の有効性について
文学による時代分析の有効性について

本を買うわけですよ。新潮文庫フェアで毎年夏に二冊。
百冊から二冊。見た瞬間くるものがあったので、即購入しました。平積みとは違うのだよ!

結果
年代が同じなのに、国が違うとこうも違うのかと。
本は、民意の反映です。国民の望みに動かされて、作家のどれかがそれを結晶化する。
求められるものが書かれる。だから、売れる。そういうものです。
70年代の日本とアメリカ。
どう違ったのかを文学作品から眺める。
うーん、グレイトだぜぇ!

『かもめのジョナサン』と『日本昔話』は三度は読まないとわからんなぁ…
柳田さんすごいよ柳田さん。
柳田さんは昔話を収集して編集したので、自分で作ったわけではないけど、ある意味同じことなので問題ない。
と反論封じ。

|

« 今日の花。 | トップページ | つれづれ »

Mekipedia01」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64707/7528788

この記事へのトラックバック一覧です: 文学による時代分析の有効性について:

« 今日の花。 | トップページ | つれづれ »