« 今日の花。 | トップページ | 今日の花。 »

2007年7月14日 (土)

世代交代。

コーデックなどは常に新しい規格を利用したいモノです。

でも、将来性があるかわからないし、対応しているソフト・機種がすくないことも多いです。

今日はそんなお話。

いままでずっとこんな感じでエンコードしてました。

・音楽:MP3 192(or160)kbps/Monkey's Audio

・動画:WMV9・DivX

・ケータイ用画像:JPEG 240*320  (30kb制限)

・ケータイ用動画:3GPP AAC 15fps

とまぁいろいろとかきましたが、要するに互換性重視の設定なんですよ。(動画のはのぞく)

でも、時代が変わると新しい規格がいっぱい出ますよね?

CD→DVD→Blu-rayみたいに。

この手の規格も同じで、時々新しくしてやると、より高音質・高画質・低容量になったりします。

たとえば、AAC、ATRAC3AdvancedLossless、WMA9Lossless、Apple Losslessみたいな。

そんなことはどーでもいいんだけど、とりあえず、設定を新しくしよう!っつーことで数ヶ月前から規格を変えていってます。

ケータイ用動画はXvidエンコードの30fpsになったり、ケータイ用画像はワイド液晶に備えて240*400にしてみたり。

まぁこーゆーのは機種が対応しやすいから良いのよ。規格変えてないし。



動画はH.264。変換君はむしろWMV9よりも簡単に。

可逆圧縮はTrueAudioに。FLACに変えるかもだが。



問題は音楽データ。

一度AACに変換してみました。

WMAでもいいけど、使える機種が少ないし、なんとなくMicrosoftは・・・ってのもあったし。

でも、

こーゆー新しめの規格はどうしても使えるソフトが限られます。

AACにどんなソフトでタグ打ちしてもSonicStageで認識しない上に、転送時に保護がかかって転送が出来なかったり、MediaPlayerのライブラリに登録できなかったり。

ウォークマンが対応しててもいみないじゃない。



つーことでやむをえずAACで変換した約500曲を再エンコ。MP3に戻しました。

でも今度はMP3の可変ビットレート。ちょっとはよくなるかと。

まぁ普通分からないレベルだとは思うけど。





結論。

新しい規格を導入するときには互換性に注意!

でも将来を見据えてお早めに新しめの規格を!





ワイド液晶対応の壁紙は便利に使えます。

にしてもSonicStageもきっちりAACに対応すりゃ良いのにねぇ。AACの規格策定にSonyも関わってんだし。

|

« 今日の花。 | トップページ | 今日の花。 »

Mekipedia01」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64707/7140247

この記事へのトラックバック一覧です: 世代交代。:

« 今日の花。 | トップページ | 今日の花。 »