« オタクな日々Vol.4 | トップページ | 生。 »

2007年7月15日 (日)

かりうむにっき『とあるの色々』

かりうむにっき『とあるの色々』

読了後は、さらっとしたお茶漬けでも食べた感じ。全体的にあっさりしてました。しかれども、なんとも言えない青臭さが無くならないのが、かまちークオリティ。これはアレだ。この作品の味なんだと言っておこう…青臭さくっていいじゃないか。かまちーだもの。
喜ばしいことに、あいさちゃんの出番はあったので、かりうむ的にはそれだけで大満足ですよ。唸れ!右拳!…当麻自重しろ。
ところでアレですかね…世間はデコッぱちいいんちょキャラが人気なんでしょうか。吹寄さんの地位が急上昇中で、ますますあいさたんが陰薄に…なんだこれは!?最初のイラストの所に紹介が載ってないだと!?なんとオルソラまで!

なんという、なんというとある魔術…って!インデックス完全にギャグキャラじゃねぇか!最初の何とも言えないみずみずしさはどこ消えた!くそぅ、インデックスは一巻が最強だったのか…と一巻の155ページあたりを執拗に読み返すオレ、かりうむ。

それでも、いいんだー
俺には希望があるから、読み続けられる。そう、
神裂さんが、いつの間にか、萌え要員になってるから!
いつか!灰村さんが命を賭けた堕天し(以下自主規制)

後、アニメ化が着々と進んでそうで非常に怖い。怖いったらこわい。

提供:かりうむ

やべぇ…gdgdだ。

|

« オタクな日々Vol.4 | トップページ | 生。 »

Mekipedia01」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64707/7156356

この記事へのトラックバック一覧です: かりうむにっき『とあるの色々』:

« オタクな日々Vol.4 | トップページ | 生。 »