« オタクな日々Vol.3 | トップページ | 罰ゲーム募集・改 »

2007年6月24日 (日)

片恋いの月を通して眺めるゲームシステムとエロゲ。

ぶっちゃけお話を抜きにしたレビューです。オンラインテストをやっつけながら1周。

こんかいの標的はすたじお緑茶の「片恋いの月」。インストールした理由は画面サイズが16:9だから。(ほんとうにそれだけ)

プリミティブリンクもワイドだったんでインストールしようとしたんだけど、絵的に却下。(OPムービーは秀逸でした)

※読んで楽しい人はいないかと。絵でも見て楽しんでくださいな。(めっちゃでかいけど)

まぁシステム語る前にその他のところを。

・絵・・・普通の萌え絵。特別クォリティーが高いとか低いとかじゃなく、普通。

・話・・・序盤は普通の学園モノ。後半はCROSS†CHANNEL(を薄めた奴)。まだ1周もしてないのでわかんないけど、あんまり評価は良くなさそうっすね。

※攻略制限があると知らなかったので、キャラの絵を選ぶだけのゲームで初めてバッドエンドに逝きました。バッドエンドはまさにCROSS†CHANNEL。

さて、システムの話。

ぶっちゃけここまですごいとはおもってませんでした。

ageの汎用シナリオプレイヤーrUGP+AGESコンビも吃驚です。

まぁ順番に話していきましょう。

・セーブデータ管理

これは過去最高の出来でした。

保存先の指定・バックアップ可能で、保存時のタイトル変更・消去ができたり、フォルダ分けしてセーブデータ整理ができたり。

6

・ワイド画面

いままでにもプリミティブリンクとかマブラヴにもありましたが、これはキャラクターを配置する自由度がかなり高まります。

たくさんの人数がいてもまだ広いw

はにはにとかはぴねす!りらっくすで画面が立ち絵で埋まるような絵があるけど、ワイドなら余裕かと。

たとえば、

1_2 2

4 5

矢印注目。余裕が見えるかと。

あと仰々しい画面枠・ボタンがないことで画面が広く。(ワイドのマブラヴ・これ・デモンベインなど)

そのほかに、こんな風にワイドを生かした絵。(右のはアニメーション付きでした。綺麗!)

3 10

あと1枚よく生かせてる絵があるけど、健全な青少年のためうpはやめときます。

・立ち絵と背景の重ね方

見た方が早い。(矢印参照)

8 9

このほかにもイスに座ったりもして、とにかくキャラクターがよく動きます。家具の後ろに(立ち絵が)回ったり。

ただ、背景はrUGPとちがって紙芝居みたいに平行移動するだけ。もうひとがんばり。(スクリプターの首締めてどうするw)

・アスペクト比固定拡大機能

これがすばらしい。いろんなゲームをやってきたけど、これがついてるのは初。

アスペクト比固定拡大機能とは?

アスペクト比を固定して拡大する機能。

具体的には、たとえば16:10の液晶で4:3のゲームをやるときに、普通のゲームだと

Sa390006_1

こんなふうに横に伸びるわけ。

16:10の液晶で16:9(もなさそうだが)のゲームをやっても縦横比がずれる。

Sa390005

(ちょっと解りにくい?)

ここでアスペクト比固定拡大機能の付いた液晶orグラボorゲームをやると、縦横比を固定したまま(アスペクト比固定)、画面の最大サイズまで拡大してくれる。

つまり、

Sa390003_4 Sa390004_4

こんなふうに縦横に伸びずに、画面もカットされずに全画面でプレイできる。(動作は遅いけど。

これが設定画面。すばらしい。

7

この機能はすべてのゲームにつけてほしいね。SXGAみたいに5.4の画面もあるし、ワイド液晶ゆうても実際には16:10だし。




欠点としては、ここまでキャラクターがくるくる動くからなのか、絵のあるべきところに絵がない!

アイコンだけで描けてると言えば描けてるけど。

あと、クイックセーブほしいな。クイックセーブフォルダ作ったけど。

動作はまずまず高速。アスペクト比固定拡大機能つかわんかったら文句ないわ。











いままでやってきたゲームのうち、プログラム技術の高いゲームをいくつか。

どのゲームもスクリプターの人が苦労してるんだろうなぁ・・・。

・マブラヴ/マブラヴオルタ (全年齢)

rUGP+AGESのほぼ最新版。

アイコン・画面枠などが一切無く、まるで映画のよう。

設定がやたらとマイナーなところまで弄れる。

キャラクター・背景ともくるくる動くけど、片恋いの月ほどじゃないかも。

背景を3時元的に動かしたときのゆがみはマブラヴCD版だけにみられたが、のちに修復。

あとはアスペクト比固定拡大機能とBGMの5.1ch対応とか。

ムービー再生時以外の動作速度をもっと高速に。

すでに汎用のモノとしては最高峰なんだし、無料で開発ツールを出すとか、販売するとかすればいいのに。宝の持ち腐れ。(Summer Daysはこれつかってたけど)

解析は非常に困難。膨大なデータ量にやられるっぽいです。(日本語スクリプトだとか。)

・君が望む永遠

ちょい前の世代のrGUP+AGES。

最初見たときには吃驚したなぁ。雨とか。

・はぴねす!(とかのういんどみるのゲーム)

「詳細モード」に切り替えるととんでもない量の設定が。

「普通の」ゲームとしてはほぼ最高峰。

アスペクト比固定拡大機能はないものの、ウィンドウモード時の画面サイズが変えられる。この機能もういんどみるのゲームでしか見たことがないけど、すごくいいと思う。
これは、画面サイズが800×600以上に出来るっすね。ほとんどフル画面の感覚でできますね。

ただ、かなりソフトとしては重いね。多機能故に。

・BALDR FORCE

戦闘モードがサクサク。低速PCでも快適プレイ。よく作り込んでると思う。(操作含め)

キーボード操作には終ぞなれなかったが。

・人口少女2(他illusion

なれればマウスだけで自由自在。

さくさくは動きません。(低スペックだと)

・スカーレット(他ねこねこソフト・コットンソフト)

自然に使いこなせるメニュー(右クリック2回)がGJ!同じ操作法のReally?Really!が使いにくいのはなぜだろう・・・。

ねこねこは全体的に親切な感じ。

・カルタグラ(Innocent Gray作品全部)

使い勝手は普通だし、動作も少しおそいけど、とにかくデザインが綺麗。うっとりしました。

|

« オタクな日々Vol.3 | トップページ | 罰ゲーム募集・改 »

Mekipedia01」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64707/6897953

この記事へのトラックバック一覧です: 片恋いの月を通して眺めるゲームシステムとエロゲ。:

« オタクな日々Vol.3 | トップページ | 罰ゲーム募集・改 »