« ~~重要なお知らせ~~ | トップページ | リレー小説資料集 »

2007年4月 8日 (日)

場所・学園・学園長の背景について(仮

キャラ投稿をしめきりました。ありがとうございました。

全員で18人集まりました。(男10人・女8人  2年生9人・1年生5人・先生4人)

さて、最後に追加した鈴木茂ですが、平凡な主人公を作ってみよう!ということでカリウムとメッセでつくったものです。(主人公じゃなくてもいいけど。)

勝手に冒頭つくっちゃいました。すみません。かえてもいいっす。

さて、本題。

そのメッセの中で、元々龍馬のキャラ設定上、学園名が名字になるのですが、それに関連して、舞台設定なるものができました。あくまで仮ですが。

そう、あくまで案ですっ!

それを病人カリウムに代わってわたくし瑞穂が書こうと思います。

なお、カリウムが書いていかなかったことがわたくしが補足しますので、おかしいところがあったら修正願います。

四天山寺(してんざんじ)町

町名の通り、周りを4つの山に囲まれている。そのため交通の便が悪く、昔から工業的にはあまり発展はしていない(つまり田舎)。夏は暑く、冬は寒い、四季のはっきりした所である。

町自体は山に囲まれて、ほぼ円状になっており、その中心部に学校法人四天山寺学園の敷地がある。そして学園から放射線状に町並みが広がっている。

その4つの山には、それぞれ寺院が存在し、それが歴史の深さにも繋がっている。民俗学の見地からいっても、大変貴重で、この地方につたわる昔話や説話も多数存在する。しかし、学園ができるまで世間であまり有名になることはなかった。

現在、龍馬の功績により学術(学生)と寺院の町として四天山寺町は栄えつつある。(下記参照)

四天山寺家

四天山寺町で古くから続いている名家(旧家)。有名人を数多く排出しており、政界とも深く関わっている。地元の名手。

町の中心部に大きな土地を持っており、その土地を学園にした。(そのほかにも多くの土地をもっている)

四天山寺龍馬

1990年代前半、四天山寺龍馬は内閣にいたが、バブル崩壊により政変が勃発。龍馬は退閣した。

その際、経済的危機に瀕していた地元・四天山寺町の発展のために、退閣との交換条件として学園を設立。(なお、国からの資金援助はあったが、学校法人、私立である。)

学園が完成した際、四天山寺町をさらに栄えた町にするべく、町の歴史を全面的に押し出した。具体的には、まだあまり研究されていなかった町の歴史・遺跡の研究のため、研究家たちを招聘。家族も住まわせ、学園も研究機関の一部として利用し、町全体を学術研究のための町にした。

学校法人四天山寺学園

四天山寺学園、四天山寺学園附属高校、 四天山寺学園付属中学校、 四天山寺学園付属小学校 を抱える、エスカレーター式の進学校。

完成して十数年の比較的新しい学校である。

エスカレーター式とはいえ進学には試験があり、難易度は高い。(中だるみを防ぐため)

学園所在地は、四つ山から、等間隔の中心部にあり、そこから放射線状に町並みが広がっている。敷地はもともと四天山寺家が所有していたものと、国に買い取らせた上で四天山寺家に譲与させた土地をたしたもの。

町の中心部とはいえ交通の便が悪いので、研究者の家族や家が近くにある人以外は寮やアパート生活である。

なお、入試倍率は相当高い。ちなみに地元優遇措置がとられている。学生のレベルは高い。

校風は比較的自由で、部活動・生徒会ともにアグレッシブ。

部活動は一応顧問が存在するが、それは他校との交渉役であって、基本、生徒主体。よって、変な同好会が出現する事もしばしばであり、部活の実績もまちまち。例えば、付属高校の野球部は近年まで同好会の域を出なかった。

同様に生徒会にも一応顧問が存在するが、基本的に生徒主体である。

四天山寺学園附属高校

今回の舞台。校風はかなり自由である。

|

« ~~重要なお知らせ~~ | トップページ | リレー小説資料集 »

Mekipedia01」カテゴリの記事

コメント

四天王でもなく天王山でもねぇ・・・

投稿: φ | 2007年4月 9日 (月) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64707/6019143

この記事へのトラックバック一覧です: 場所・学園・学園長の背景について(仮:

« ~~重要なお知らせ~~ | トップページ | リレー小説資料集 »